FC2カウンター

プロフィール

プーさん☆

Author:プーさん☆
サーバー:Euros
国籍  :フランス
冒険  :51
交易  :55
海事  :57

著作権について
この日記に掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。  (C)2005-2006 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘く切ない物語

時は大航海時代のさなか・・・

幾人の男たちが自分の誇りと願いを1隻の帆に託し、

見果てぬ地への想いを馳せていたことだろう。

さんさんと照りつける太陽のもと、時折体を吹き抜ける

すがすがしい風。そしてそれらを受け止める深い海。

海をじっと眺めていると、一筋の迷いや不安に海底へと引きずり

こまれてしまうような錯覚さえ覚えた。


夜には空に輝く幾人の願いの光を見つめながら、遠い故郷の

大切な人を想い巡らせたに違いない。

この船にもそんな若い男が一人、懐かしき想いにふけっていると

近くに腕利きの年老いた船大工が、酒を呷りながら何やら

ぶつぶつと語り始めた。

「この愛・・甘く・・いよな・・」


風がかき消した事をその老人も察ししたらしく、

大きな声でこう叫んだ。

「このアイスの甘さ加減最高!!うめぇぇぇー。ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ」
「ひゃっほーーーいヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ」


・・・いや~久しぶりにアイス買って食べたらおいしかったんで。
・・・つい^^;


■本題の大航海時代の話ですが、うちのイクバール君が強奪を覚えた

 のをきっかけに広域海賊に転職したわけですが、それから10日

 あまり

収奪品成果
・究極・剣レシピ 2冊 曲刀レシピ 1冊 
・赤毛エイリーク 1着 
・グレートヴァイキング紋章
 


かなり絶好調~^^ノ この調子で頑張りたいものです。

20070205231630.jpg


↑レアものをドロップすると噂のPCと格闘中です( ゚Д゚)y─┛~~
スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

<< マグステ作りに挑戦!? | ホーム | ブログってどうやるの(´-ω-`) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。